初音メトロ

現在更新一時休止中。

RSS フィード コメントの RSS フィード

VOCALOID4発表の感想

前記事からの続き。

VOCALOID4に関する各種発表を見た私的な感想を書いていきます。乱文失礼。

V3発表会との違い

V3発表会ではもっと多数の企業がゲストとして呼ばれていました。またV3と同時発売のライブラリーはVY1V3のほか、MewとV3 Megpoidであり、V3には多数の企業が新規参入しました。

しかし、新規参入した企業の結果は…

  • 1st Place…IAを出す→有名Pを積極起用、宣伝攻勢→IAは有名ボカロへ→追加ライブラリIA ROCKS発売
  • i-style Project…中の人を一般公募→ラピス発売と同時にメルリを発表→忘れた頃にメルリ発売→メルリが盛り上がっていない→それでもそれなりに活動的
  • ボーカロイドル…当初は5体予定→現時点で出したのは兎音りおんのみ→りおんのTwitter垢も更新停止
  • マクネナナ…Mac対応したことでボカロ化→英語にも対応→ボーカロイドストアでのみ発売→ニコ動ではあまり盛り上がっていない
  • SeeU…日本進出、英語版も出す→日本での販売終了→英語版も未定→中の人が逮捕

という結果になりました。成功したと言えるのは1st Placeぐらいでしょう。1st Placeの手法には賛否両論ありますが、積極的な宣伝攻勢がIAを有名ボカロにしたことは否めません。

少なくともV4の発表会を見ている限りですが、V4ではV3時代のこのような状況を反省し(企業数もライブラリ数も)少数精鋭でやっていくと思います。そうではなくても新規参入は難しいと思われます。詳しくは後述。

クロスシンセシスについて

今後ボカロに新規参入が難しくなると予想しています。理由は2つあります。

1つ目は、ボカロが増えすぎたことです。特に若い女声ライブラリが圧倒的に多いです。V2時代のようにボカロが少なかったときは、新ボカロが出るたびに祭りになっていました。しかし、毎年のように新ボカロが登場し、ボカロが増えすぎた今では、新ボカロが出ても話題にならなくなりました。IAのような例外を除き、有名になるのは難しいでしょう。

ここからが本題。2つ目は、V4の新機能、クロスシンセシスです。以前の記事と同様、ITmediaから解説を引用。

「VOCALOID4」が得た表現力、使いやすさとは──発表会を振り返る – ITmedia ニュース

まずはクロスシンセシス。スタンドアロンの編集ソフトである「VOCALOID4 Editor」、または音楽制作ソフトであるCubase 専用の編集ソフトである「VOCALOID4 Editor for Cubase」(通称ボカキュー)に、同じシンガーで複数の声色を持つVOCALOID4やVOCALOID3のデータベースを読み込んで、プライマリとセカンダリの指定をすると、その2つの声色のどちら側に寄せるか値を指定してカーブ・直線を描くことで音色を思い通りに変化させることができる。

VOCALOID3では、声色を使い分けるためには複数のトラックを用意して、それをあとでミックスする必要があったが、VOCALOID4では、その変化も1つのパラメータのように扱える。例えば標準的な声質に徐々にソフトっぽさ、パワー表現を加えていくことができるのだ。

クロスシンセシスは、同一キャラクター、同一言語でのみ使用可能です。V3ライブラリでも使用可能ですが、V2ライブラリでは使用不可です。

つまり、1DBしかないボカロはクロスシンセシスが使えない(=V4の新機能の一つが使えない)ので、そのボカロを購入する理由が減るということになります。V3ライブラリの場合はアップグレードするメリットが減ります。

複数DBがほぼ必須って事になりますが、

  • 複数DB搭載にはその分開発費がかかる
  • 既存ボカロと販売予定のボカロの状況
    • ヤマハのVY1V4が4DB搭載で1万円
    • 現状のクリプトンのボカロが4~5DB搭載、エディターとDAW付属で1万円台後半
    • 加えてルカV4Xには独自機能「E.V.E.C」搭載

という理由で実績がない新規企業の参入は困難でしょう。

一つの方法としては、「ボカロ以外で付加価値をつける」ことです。AHSの結月ゆかりと東北ずん子はボカロだけではなく読み上げソフト「VOICEROID+」も存在します。普通にナレーションとして使ってもおかしくない音声です。読み上げソフトはDTMをしない人も使うので、ゆかりやずん子は実況動画等で人気となり、AHSを代表するキャラクターとなりました。これはVOCALOID-flexがうまくいっていない証拠でもあるんでしょうが…。

Ranaはバージョンアップするの?→バージョンアップ予定

「ボカロPになりたい!」が発刊中にV4が発表されてしまいました。発刊中に新しいものが出てしまうのは分冊百科の欠点ですね…。SSW(7が付属、現時点では最新版は9)だけではなく、V4登場でRanaまで旧バージョンになってしまいました…。購読者向けにアップグレードはあるんでしょうか? なかったら購読者が浮かばれません…。


公開前追記:

ミクストリーム: ボカロPになりたい!の「Rana」もVOCALOID4化へ動き出している件

V4にアップグレード可能になる予定です。詳細は12月中に公開予定。Macにも対応するんでしょうか…?

つけてほしい機能

ありにゃん的につけてほしい機能です。開発系の機能に偏っているので一部意味不明失礼。

VOCALOID-flex

VOCALOID-flexの説明をWikipediaから引用。

VOCALOID – Wikipedia

VOCALOID-flex(ヴォーカロイド フレックス)は2010年2月に企業向けの提供が発表された、話し言葉の表現にも対応したバージョン。音符の入力を元にしてピッチの変化などを作るのではなく手動で直接ピッチの変化や音素の長さを入力し、それによって話し言葉、特にテキスト入力による音声合成とは異なる細かな抑揚の表現なども可能にしている。

つまりボカロを喋られることができるようにする機能ですな。現時点でもトークロイドと言ってボカロを喋らすことは可能ですが、調整が大変です。私も短い言葉を喋らせるのにも調整が面倒で挫折しました…。時間をかければできないことはないんですけどね…。

残念ながらこのVOCALOID-flex、最近音沙汰がありません。私としてはグロウルなどよりもV4にこっちが搭載されたほうが嬉しかった。ボカロに喋らせやすくなったら今までボカロを諦めていた人もボカロを使うと思うし、ボカロ人口が増えると思う。エディター標準搭載でも、JobPluginでも、有料でもいいですから、今からでも検討して欲しいです。ぼかりすがJobPluginとして出たぐらいだから可能なはずです。

VOCALOID APIを公開

APIの解説。

APIとは 〔 プログラミングインターフェース 〕 【 Application Programming Interface 】 – 意味/解説/説明/定義 : IT用語辞典

あるコンピュータプログラム(ソフトウェア)の機能や管理するデータなどを、外部の他のプログラムから呼び出して利用するための手順やデータ形式などを定めた規約のこと。

個々のソフトウェアの開発者が毎回すべての機能をゼロから開発するのは困難で無駄が多いため、多くのソフトウェアが共通して利用する機能は、OSミドルウェアなどの形でまとめて提供されている。そのような汎用的な機能を呼び出して利用するための手続きを定めたものがAPIで、個々の開発者はAPIに従って機能を呼び出す短いプログラムを記述するだけで、自分でプログラミングすることなくその機能を利用したソフトウェアを作成することができる。

近年ではネットワークを通じて外部から呼び出すことができるAPIを定めたソフトウェアも増えており、遠隔地にあるコンピュータの提供する機能やデータを取り込んで利用するソフトウェアを開発することができる。

簡単に言うとVOCALOID APIはボカロエンジンにアクセスする手順を定めた規約です。間違っていたら失礼。Piapro StudioもこのVOCALOID APIを使って作られています。

VOCALOID APIが一般ユーザーに公開されたら、ボカロエディターを作ったり、他にも面白いことができそうだと思います。それが刺激になってボカロエディターやPiapro Studioも改良されたらいいですね。私的には.NET用のサンプルプログラムがほしいです。

でも、諸般の事情で難しいでしょうな…。

Piapro StudioにもJobPlugin的機能

ボカロ自体の機能ではありませんが、この項に書きます。

私はJobPluginのためだけにVOCALOID Editorを使っています。Piapro Studioにも(スクリプト|マクロ|プラグイン)機能が搭載されたらPiapro Studioを使う頻度が高くなるんだけどなぁ…。ぼかりすと前述のV-flexを使う時だけボカロエディターを使いますがw

言語はC#でお願いします! または実行環境に.NET系が使えれば可。MacでもMono入れれば使えますし。問題はボカロPの皆さんで.NET系使える人がどれくらいいるかですな…。(確率は低いけど)もしそうなったら「ボカロPのための.NET講座」でもやるかも知れないw 私は逆にボカロPが何を必要としているのかわからないけど…。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


BACK TO TOP