初音メトロ

VOCALOID、IT、地下鉄/メトロなどに関する情報を収集しているサイト!

RSS フィード コメントの RSS フィード

祝・鏡音リン・レン8周年&鏡音リン・レンV4X発売

今日は鏡音生誕祭。

そして12月24日に鏡音リン・レンV4Xが発売されました。Appendを含めると5年ぶりの新バージョンです。長らくリン・レンはV2でしたが、これでV4の機能が使えることとなりました。リン・レンファンにとっては悲願でしょう。

リン・レンV4Xを使ってみたので、(鏡音リン・レン8周年を記念してか)感想文を書いていきます。

製品概要

初音ミク公式ブログより引用。

【音楽制作】『鏡音リン・レン V4X』本日12/24(木)発売!デモソングも公開♪ – 初音ミク公式ブログ

■ 『鏡音リン・レン V4X』について

『鏡音リン・レン V4X』は、パワフル&チャーミングなイメージそのままに、はっきりした滑舌と力強さ、声の明瞭度を向上させ、声の可愛らしさも丁寧にチューニングしたバーチャル・シンガーです。「鏡音リン」「鏡音レン」ふたりのシンガーの歌声が一つのソフトウェアに入っております。

さらに、声の多様性を持たせるために、柔らかい声や、息が多い声も搭載。弊社で設計した「E.V.E.C.」(イーベック)機能やクロスシンセシス(歌声モーフィング)機能で操作することで、メリハリのある歌声を作ることが可能になっております。特に、大声で歌わせつつ、グロウル(うなり声/ガナリ声機能)機能を使用すると、強烈な歌いまわしが可能な点が特徴的です。

また、本製品にはVOCALOID(TM)4に対応したボーカル・エディタ「Piapro Studio」、500種類以上の楽器/音源を収録した音楽制作ソフト「Studio One Artist Piapro Edition」(以下、「Studio One APE」)を同梱しているので、買ったその日から、音楽制作環境が整います。

さらに、『鏡音リン・レン V4X バンドル』には、英語対応の歌声データベースも入っており、ナチュラルな声質で、可愛らしい英語を歌うツインボーカルを実現しております。

■ 『鏡音リン・レン V4X』製品ラインナップと価格について

◇『鏡音リン・レン V4X』/【弊社WEB価格¥17,280(税込)】
[パッケージ版]http://www.crypton.co.jp/rinlenv4x
[ダウンロード版]http://sonicwire.com/rinlenv4x

◇『鏡音リン・レン V4X バンドル』/【弊社WEB価格¥21,600(税込)】
[パッケージ版]http://www.crypton.co.jp/rinlenv4xb
[ダウンロード版]http://sonicwire.com/rinlenv4xb

◇『鏡音リン・レン V4 ENGLISH』/【弊社WEB価格¥12,960(税込)】
[ダウンロード版]http://sonicwire.com/rinlenv4e

※全ての製品はWindows/Macintosh ハイブリッド仕様でリリース致します。
※『鏡音リン・レン V4 ENGLISH』は、追加音声ライブラリーです。ご使用頂くためにはボーカル・エディタが別途必要です。

■発売日
2015年12月24日(木)

収録データベースは以下のとおりです。

  • 鏡音リン V4X
    • Power(E.V.E.C.対応、Voice ColorとしてPowerとSoftが使用可)
    • Warm
    • Sweet
  • 鏡音レン V4X
    • Power(E.V.E.C.対応、Voice ColorとしてPowerとSoftが使用可)
    • Cold
    • Serious

加えてリン・レン V4X バンドルでは英語データベースが収録されます。日本語DBと英語DBの両方がほしい方はバンドルを買ったほうがお得です。

ルカV4Xと違い、E.V.E.C.に対応しているのはPowerのみでVoice ColorもPowerとSoftの2種類しかありません。追加発表を期待していましたが、ありませんでした…。リン・レンV4XはE.V.E.C.よりもクロスシンセシスが主体になると思います。

メインビジュアル。 鏡音リン・レン V4X メインビジュアル これまたルカV4Xと違い、マイナーチェンジかリファインという印象です。V2からの正統進化という性質を表しているのでしょうか。

また、優待販売は「VOCALOID2 鏡音リン・レン」のユーザーのみが対象です。ルカV4Xと違って、V3のみのユーザーは対象でないことにご注意下さい。

購入とインストール

私はリン・レンV4X バンドルを購入しました。V2リン・レンを持っているので優待販売の対象です。発売日(12/24)に注文したので2日後の12/26に届きました。

ルカV4XはDVD3枚組でしたが、リン・レンV4XはDVD1枚のみなのでインストールが楽でした。Macをお使いの方はパッケージ版の場合でもダウンロードでの提供となります。

また、バンドルに収録されている英語データベースはWindows版もダウンロードでの提供となります。ユーザー登録後、インストーラーをダウンロードして下さい。

歌声簡易レビュー

発声練習の音声とともに簡単に感想を書いてみます。注意点として以下の点をご了承下さい。

  • 私はACT2しか持っておらず、他には体験版のAppend Powerを触ったことがあるのみです。ACT1およびAppend(Powerを除く)を触ったことがありません。
  • 私はVOCALOIDおよびDTMの知識がありません。プロ・アマ問わず本格的にやっている人には知識がおよびません。

Append PowerとV4X Powerの比較。Power系はV2と比べて若干ハキハキした印象です。また、ここでは音声は上げていませんが、ACT2とV4XのPowerは性質が違う印象です。EVECはまだ使っていないからよく分からない。

リンのWarmとSweetを比較してみると、Warmはねっとりととろけるような感じで、Sweetは優しい感じという、違いが分かりました。いずれにせよどっちのリンちゃんも天使なのは変わりない(キリッ

一方で、レンのColdとSeriousは違いが分かりにくいです。

リンとレンで性質の似たDB同士の比較です。 上から

  • リンPowerとレンPower
  • リンWarmとレンCold
  • リンSweetとレンSerious

となっております。

以上の発声練習のまとめ。まとめて聴きたい方はどうぞ。なお、ミクV4Xβの時と同じくVSQデータは松尾Pのブログ記事「VY1と初音ミクの声は同じ?違う?:CloseBox & OpenPod:オルタナティブ・ブログ」に掲載されているものを使用しました。

英語データベースの確認もしてみました。Auld Lang Syne(日本では「蛍の光」として知られているスコットランド民謡)のリン版、レン版です。オケおよびVSQファイルは「CV 03 巡音ルカ 2009年 05月号」に付属しているものを使用しました。

また、V2ルカのデモソングのVSQファイルで日英混じりの歌もテストしてみました。リンEnglishは日本語DBと一緒に使うのはきつい印象でした。GENを下げたほうがいいかも知れません。レンEnglishは日本語DBとも意外と合います。アップしていないのはオケが無いため。ZIPで音声ファイルを公開するかも。

今後の予定

生誕祭には間に合いませんが、今後やってみたいことです。

  • 「蛍の光」(日本語版)でクロスシンセシスのテストを行いたいと思います。リン・レンだけではなく、MEIKO、KAITO、ミクも上げる予定です。
  • グロウルを使って叫び声を作ってみたいです。クロスシンセシスの使い方は分かったけど、グロウルの使い所が未だに分からない…。
  • EVECを使ってみる予定です。
  • 一通り試したらクリプトンボカロで声ネタ集でも作ろうかと。叫び声はその一環。

まとめ

リン・レンV4XはV2ユーザーにとって以下の点で大きいと思います。

  • クロスシンセシスができるようになった(V2インポートライブラリはクロスシンセシス不可)
  • SweetやSeriousなどのみ使いたい場合でも、ACT2とAppendの2つを買わなくて良くなった

V2ユーザーの方はもちろん、これからリン・レンを買う人もリン・レンV4Xの購入をおすすめします(マ)。 さて、これでクリプトンボカロが全てV3およびV4Xにバージョンアップしたので簡単な評価を書いてみます。

  • 日本語DBと英語DBの相性は、KAITO、ルカ、レンが最高、MEIKOは良い、ミクとリンがいまいち(GENを下げる必要があるかも?)。いずれも日本語DBはPower系よりもSweet系のDBを使ったほうがいい。
  • 日英バイリンガルの歌を作りたい方や表情や吐息が豊富な声がほしい方は、ルカV4Xがおすすめ。
  • 男女デュエットさせたい方はリン・レンV4Xがおすすめ。
  • 大人の男性声がほしい方はKAITO V3がおすすめ。
  • ミクはV4Xに期待か。ただし、優待販売を狙って今からV3を購入するのもあり。

結局、自分の好きなキャラの製品を買うのが一番なんですけどね…。クリプトン以外の製品も含め比較してみて下さい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


BACK TO TOP