初音メトロ

現在更新一時休止中。

RSS フィード コメントの RSS フィード

【東田剛】予想通りの反応【安倍総理靖国神社参拝】

明けましておめでとうございます。

新年早々、吐気がする記事を見せられました。気分を害された方、ごめんなさい。

【東田剛】新年のご挨拶 | 三橋貴明の「新」日本経済新聞

新年が東田剛のメルマガで始まるとは、春から縁起がいい!
ということで、いつもより余計に書いております。

さて、安倍総理の靖国参拝を、東田剛は、どう評価するのか。
皆さん、年末から楽しみにしておられたかもしれません。

でも、残念ながら、評価を定めるには、時期尚早ですね。

次のような「結果」は起こり得るのか?

1)中国激怒!人民解放軍が尖閣に攻め込んで来て占領し、自衛隊や海保に多大な犠牲が出る。
ちなみに、米海軍大学のジェームズ・ホームズ氏や自衛隊は尖閣防衛で苦戦すると指摘し、平松茂雄氏は自衛隊は負けると述べているようです。

http://www.foreignpolicy.com/articles/2012/09/28/rock_fight#sthash.VJZknw18.dpbs
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20131226-00000007-rcdc-cn

チャイナ政府は文句を言っているだけで、デモは禁止しましたよ

靖国抗議行動不許可か=日本大使館など警戒強化-中国(時事通信)

 【北京時事】安倍晋三首相の靖国神社参拝を受けて中国の団体が27日午後に予告していた北京の日本大使館前での抗議行動は行われなかった。大使館によると、中国各地の総領事館でも抗議行動などは報告されていない。公安当局が許可しなかったためとみられ、社会安定を優先し、抗議活動やデモを押さえ込む方針を取っている可能性もある。
 中国版ツイッター「微博」では同日午前に、沖縄県・尖閣諸島の中国領有権を主張する活動家らが大使館前で十数人による抗議を行うと予告。ただこうした書き込みは当局により相次いで削除され、当局が抗議行動に関する情報の拡散を抑制しようと警戒していることがうかがえる。
 さらに公安当局は、集合場所とされた大使館の最寄りの地下鉄駅前に警察車両を配備し、警官を動員するなど警備を強化。活動家らが大使館に近づかないよう、措置を講じたもようだ。(2013/12/27-18:26)

デモを許可すると、共産党に飛び火し、外国企業が投資を控え、日本が「右傾化」することが分かったんでしょうね。チャイナも学習したんですねー。
相変わらず韓国はファビョってますが…w


2)米国激怒!びびった日本政府が、TPPなどで、これまで以上に従米的な姿勢を強める。

皆さんがご存知の通り、TPPはgdgdですよ…。オバマはヘタレだし、アメリカの交渉官も無能らしいですし…w

未だに「TPP亡国論」を信じている人は以下の記事を読むことをお勧めします。


3)内外からの批判の嵐が止まらない!安倍総理は退陣する羽目になり、以後、歴代の総理は、もはや靖国に近寄れなくなる。

内外ってどこからでしょうか? 内は、マスコミ、反日知識人、外は、中韓、アメリカの反日親中親韓勢力ですか?


4)支持率が急上昇!国民の圧倒的な支持を得た安倍政権が、小泉・サルコジ化して、構造改革をやりまくる。
http://www.nikkei.com/article/DGXNASFS25032_V21C13A2MM8000/

規制緩和や構造改革は中身を見て判断すべきだと思います。何でもかんでも規制緩和や構造改革をするのは反対ですが、規制緩和や構造改革が必要な分野もあります。新聞とか、放送とか、NHKとか…w

米国の「失望」

例えば、米国務省が「失望した」と、初めて公式に言ってくれたおかげで、「親米と保守は両立しない」という私の主張が改めて裏付けられました。

<参考>

http://www.mitsuhashitakaaki.net/2013/05/01/korekiyo-42/

米国政府は去年半年間で4回も「失望」したそうですよ?

米国政府「安倍総理の靖国参拝に失望した」「豪政府に失望した」「ウクライナ政府に失望した」「露政府に失望した」「香港政府に失望した」(disapointed)どんだけ~w(保守速報)

6:名無しさん@13周年:2013/12/30(月) 15:58:16.97 ID:uiLPmIQ00

Q)安倍総理の靖国参拝に米政府が「失望した」(disapointed)らしいけど、
それって大変なことなの?
A)それほど大変なことではありません。10分ほど調べた範囲ですが
  アメリカ政府はこの半年で少なくとも4回ほど「失望」しています:
   ・2013/12/02 企業買収に関して豪州政府に
   ・2013/11/22 EUとの協定締結を延長したウクライナ政府に
   ・2013/08/01 スノーデン問題でロシア政府に
   ・2013/06/23 スノーデン問題で香港政府
  まあ「ちょっとがっかり」くらいなものだと思います。
これより深刻になると  ロシア政府に対するように”extremely disapointed”
(極めて失望した)とか”unacceptable”(受け入れられない)という表現になります。
同盟に影響が及ぶようなものではありません。

しかも、米国務省の副報道官が、米国が「失望した」のは「緊密な関係の証しだ」と述べていますし。

「失望している」は緊密な関係の証し…米国務省(読売新聞)

【ワシントン=山口香子】米国務省のハーフ副報道官は12月30日の記者会見で、米政府が安倍首相の靖国神社参拝に「失望している」との声明を出したことに関連し、「(意見の)相違がある時に互いに正直に発言できるのは、緊密な関係の証しでもある」と述べた。

 また、「我々は、今後の(日本との)関係や、日本と地域の他の国がどう建設的に協力していけるかを注視している」と語り、引き続き、日中韓などに関係改善を促す考えを示した。

(2014年1月1日00時02分  読売新聞)

意見が違うということが言えるのが、本当の友達ですし。


それも、確かにそうです。それだけ、米国のパワーの低下が著しいということです。
これも私の言ったとおり。
http://www.mitsuhashitakaaki.net/2013/08/07/korekiyo-56/

じゃあ、東田さんはなんでそんな米国の発言を気にするんでしょうね?

東田剛が気にしている点

一つ目。
総理は靖国参拝について固い信念があったようですが、それならば、なぜ8月15日や例大祭には参拝しなかったのでしょうか
おそらく、内外の反発に配慮して、別の日にしたということなのでしょう。でも、実際に参拝した12月26日は、なんと毛沢東生誕120周年の日です。反発を大きくしたくなかったのなら、これは、痛かった。

東田さん、政局を知らないんですか? 増税をしてしまったら、秋の例大祭に行けなくなるんですよ? 実際そうなりましたよね?


二つ目。
安倍総理は、米国の「失望」について、どの程度、予想していたのでしょうか。予想しつつ、それでも参拝を決行したのなら凄いことですが、逆に予想できなかったのならばヤバいでしょう。真相は分かりませんが、極めて重要な点なので、気になります。

事前に米国に知らせていたようですね。米国の「失望」も予想通りだったと思います。

安倍首相靖国参拝 アメリカ側は事前に「日米関係害する」と反対(FNNニュース)

安倍首相は、政権発足から1年を迎えた26日、東京・九段北の靖国神社を参拝する。11月、衛藤首相補佐官が、協議のためにアメリカを訪問した際に、参拝すれば「日米関係を害するだろう」などと、強く反対されていたことが、FNNの取材で明らかになった。
衛藤首相補佐官は、靖国参拝をめぐる意見交換のため、11月中旬に訪米し、ラッセル国務次官補など、アメリカの要人らと面会した。
この際、アメリカ側から、「オバマ大統領が理解を示すことはない」、「日本の評判を落とし、日本のアジアにおける影響力低下を招く」などと、厳しく反対されたという。
また、日韓関係のさらなる悪化への懸念のほか、中国に対しては、日本側が緊張をあおっていると主張するための口実を与えることになるため、結果的に、中国の立場を有利にするといった声も上がった。
TPP(環太平洋経済連携協定)や日米ガイドラインの見直しなど、重要課題を抱える日本が、アメリカの反対を押し切った形で参拝したことで、日米関係への影響が懸念される。


三つ目。
総理は、靖国参拝に対する批判に対して、「戦場で散っていった方々のために、冥福を祈り、手を合わす。世界共通のリーダーの姿勢だろう」と述べました。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20131227-00000106-jij-pol

しかし、「冥福を祈り、手を合わす」のは、仏教でやることです。世界共通のリーダーの姿勢ではないのはもちろん、靖国神社も、戦死者の冥福を祈り、手を合わすべき場所ではありません。

靖国神社は「(日本)国家のために尊い命を捧げられた人々の御霊を慰め、その事績を永く後世に伝える」ための場所です。

http://www.yasukuni.or.jp/history/index.html

そして、英霊を慰めるとは、「日本を守るために、よくぞ敵と戦ってくださいました。私も、日本を守るために戦う覚悟です」と誓うことだと私は思います。
単に冥福を祈るのとは、訳が違うのです。

ですから、かつて日本軍と戦い、現在も日本から領土を奪おうと軍拡に励んでいる中国が猛反発するのは、理不尽でも何でもなく、至極当然のことです(その点、韓国は微妙ですが・・・)。

Wikipediaでも「祈念を込め」と書いてあります。

神道 – Wikipedia

鈴鐘を鳴らした後に拝礼をおこなう。拝礼の基本的な作法は「二拝二拍手一拝」である。すなわち、

  1. 拝(直立姿勢から身体を90度折り曲げる礼)を二度おこなう。
  2. 拍手を二度打つ。より具体的には、両手を胸の高さで揃えて合わせ、右手を下方向に少し(指の第一関節ほど)ずらし、その状態で両手を二度打ち合わせて音を出し、ずらした右手を再び揃えて祈念を込め最後に両手を下ろす。
  3. 再度一拝する。(祝詞を奏上する場合は奏上した後におこなう)

YouTubeでも動画がありました。ただし、それほど長くは手を合わせないようです。


そもそも、いつ靖国神社に参拝するか、どのように参拝するか、どんな気持ちを込めて参拝するかは個人の心の問題です。心の問題についていちいち文句を言うのは、まるで思想警察じゃないですか。

東田さん、コソコソ隠れていないで、表に出てきて、上念さんや倉山さんと討論をしてほしいです。チャンネル桜が嫌なら、CGSでも、チャンネルくららでも、あるいは他の放送局でもいいんですよw


束田岡リ(つかだ おかり)という謎の人物が先行して同じようなことをメルマガで書いていましたw

すごいー! 束田さんは予言者なんですねー(棒)

これって偶然なんでしょうねw


追記 (2014/1/2)

先ほど束田岡リのチャイナメリカ通信「2014.1.2 新春特大号」を受信したので、掲載します。

私利のために国益を犠牲にした安倍首相

 日本の安倍晋三首相は先日、靖国神社を「電撃参拝」した。中韓両政府は直ちに極めて強く反応し、米国など他の国々も次々に驚きと不満を表明した。これによって最も損なわれたのは表面的には中日関係、韓日関係だが、本質的には日本自身の国益である。

 第1に、中韓両国を見てみる。中日関係、韓日関係は過去1年間非常に緊張し、歴史問題や安全保障政策における安倍内閣の言動に中韓は強く警戒してきた。3カ国の最高指導部が同時に交代するという黄金の時期にあって、日本と中韓の首脳会談はまだ行われていない。安倍氏は対話のドアはオープンだと主張し続けているが、参拝の伝えたメッセージは、日本が外交的配慮において中韓をほぼ完全に無視しているということだ。中韓としては、日本側が自国を無視するとの最後の一線をすでに示した以上、対日政策の確定がかえって一段と容易になった。安倍氏は在任中、近隣国との関係で長期的孤立に直面する可能性が高い。この孤立が日本経済に影響を与えるのは必至だ。

 第2に、米国を見てみる。日本の首相による靖国参拝の問題において、米国は通常と異なり明確な姿勢を初めて表明し、周辺国との関係の扱いに日本が失敗したことに失望をあらわにした。米国は、日本は戦略的対話を行えるパートナーではないと考えるにいたった。「米国は自らの力が相対的に下降する中、東アジアの安全保障において日本のプレゼンスの強化を求めており、日本が安全保障政策を『積極的』に調整すれば、歴史問題では沈黙を保つ」と安倍氏は考えているのかもしれない。だが日米同盟は安保同盟であって、歴史問題同盟ではない。歴史認識に関して、ワシントンは日本の共感者ではない。米国外交において理想主義という道義的一面は虚偽性を備えるが、基本的な道義原則を放棄することはない。その上、靖国参拝による北東アジア情勢の一層の緊張は、米国の安全保障上の利益そのものにとって現実的脅威となる。安倍氏は就任以来日米同盟の強化を仰々しく宣伝しているが、参拝の結果、反対に日米関係は弱まっている。

第3に、日本国内を見てみる。靖国参拝によって、ようやく得られた国内政治の相対的な安定に分裂が生じ、貴重な政治資源・力が分散し、最重要の政治目標である景気回復の実現もぐらつく。安倍氏の首相再登板を可能にした国民の支持は、主に経済立て直しへの期待と、政治の安定への切望の2点によるものだ。自民党は衆参両院選挙で多数議席を獲得し、長年失われていた政治的安定を実現した。これは大胆な経済改革に貴重な政治資源を提供した。だが靖国問題において、日本国内の考え方には以前から重大な対立が存在する。「アベノミクス」実施の正念場において、靖国参拝は政治・社会・世論の分裂を招き、日本が発展のチャンス期を逃すことにもなる。経済成長と国際競争力が確保されなければ、日本の国益は語りようがない。

 安倍氏は靖国参拝について日本の長期的国益を考えてのものだと弁解するかもしれないが、周辺外交を見ても、日米同盟を見ても、さらには国内政治を見ても、この行動のもたらす客観的結果は、その主観的願望とは正反対のものだ。安倍氏は自分だけの利益のために日本の国益を犠牲にしたのである。

あれっ? どっかで見たことがあるような…
でも、これも偶然なんでしょうねーw

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


BACK TO TOP