最近のWindows関係のニュース(2014年4月9日)

XPサポート終了まであと1日。

本来は先週この記事を書こうと思っていましたが、7のブルースクリーントラブルで延期になってしまいました…。

Build関連、XP関連のニュースを短い感想文とともにまとめて紹介します。

Windows 8.1 Update、9日に公開

Windows 8.1 Updateではマウスやキーボードでの操作性を向上 (INTERNET WATCH)

日本マイクロソフト株式会社は、日本時間4月9日に提供を開始する「Windows 8.1 Update」についての説明会を開催した。

「Windows 8.1 Update」は、Windows 8.1のユーザーインターフェイスの改善や、低スペックのハードウェアへの対応などを行うアップデート。日本時間4月9日午前2時から、Windows Updateを通じてWindows 8.1ユーザーに提供される予定。また、Windows 8ユーザーに対しても、Update適用済みのWindows 8.1がWindowsストアで提供される。

(中略)

これまでのWindows 8.1では「新しいスタート画面と従来のデスクトップ画面の操作性の違い」にユーザーの戸惑いがあったとして、タッチ操作向けのユーザーインターフェイスはそのままに、マウスやキーボードといった従来の操作性を向上させたとした。

これまでのWindowsで言えばService Packみたいなものですかね。

例えば、新しいスタート画面では、これまではマウスを右クリックしても何も起こらなかったが、Windows 8.1 Updateでは右クリックメニューが出るようになり、従来のマウス操作と違和感のない形になった。また、スタート画面の右上には電源ボタンと検索ボタンが配置され、マウスでもすぐにこれらの機能にアクセスできるようになった。

8/8.1ではチャームというメニューを出して電源を切ります。初めて使う人にとってはどうやって電源を切るのかすぐにわかりづらいです。しかも、チャームを出すのにすごくイライラしました。なぜ最初からこうならなかったのかと思います。私はスタートメニューをつけているので無関係ですけどw

Windowsストアアプリでは、マウスカーソルを画面上に持っていくと従来のデスクトップアプリのような「タイトルバー」が表示されるようになり、終了や最小化といった操作が行える。また、Windowsストアアプリはデスクトップ画面のタスクバーにピン止めできるようになり、デスクトップ画面を中心に使うユーザーにもWindowsストアアプリを使いやすくした。

デスクトップユーザーにもストアアプリを使わせようとしてるんですねw 私は使わないので無関係ですw

Internet Explorer(IE)については、企業内のウェブアプリなど最新のIEでは動作しないペーを動作させるための、IE8互換モードとなる「エンタープライズモード」を新たに搭載

私としてはIE6互換モードもつけてほしいかったです。無理だろうけど…。

【朗報】Windows 8.1にスタートメニュー復活!

【イベントレポート】Microsoft、Windows 8.1 Updateを4月8日に公開 ~MSDNでは即日公開。スタートメニュー復活も予定 – PC Watch

(前略)

また、最初の紹介からやや間を置いて、Windows 8で廃止されたスタートメニューが復活し、デスクトップからスタートメニューを呼び出し、アプリを起動できるようになることを発表。また、ストアアプリがデスクトップ上でウインドウ表示できるようになることも明らかにした。

なお、今回デモされたスタートメニュー付きWindows 8.1のビルドは9600で、その前にデモされたWindows 8.1 Updateと同じものだった。ただし、同社ではスタートメニューについて、「次期バージョンのWindowsについての発表はしないが(中略)、全てのWindows 8.1ユーザーへのアップデートとして提供」という表現をしているため、「Windows 8.1 Update 2」のようなタイミングで実現するものと思われる。

(後略)

さらに次のアップデートでは、デスクトップにスタートメニューが復活。ストアアプリはウインドウ表示も可能にさらに次のアップデートでは、デスクトップにスタートメニューが復活。
ストアアプリはウインドウ表示も可能に

ただし、次期アップデートの予定です。左側はいいけど、右側のタイルはいらん…。

9型未満のデバイス向けのWindowsが無料化

Microsoft、低価格端末向けWindowsの無料化を発表 (ITmedia)

ディスプレイサイズが9インチ未満のWindowsタブレット、Windows Phone端末については、OEMメーカーはMicrosoftにライセンス料を支払わずに済むようになる。

米Microsoftは4月2日(現地時間)、年次開発者会議「Build 2014」の基調講演で、ディスプレイサイズが9インチ未満のタブレットとスマートフォンに搭載するWindowsを無料にすると発表した

つまり、OEMメーカーは低価格端末およびWindows Phone端末に関してMicrosoftにWindowsのライセンス料を支払わなくて済むようになる。ライセンス料を無料化することで製品の価格を下げ、苦戦しているタブレットとスマートフォン市場でのシェアを拡大する狙いだ。

(中略)

9インチ未満でもPCは無料化の対象にならないようです。タブレットには興味がないし、Windows Phone 8は日本で発売されていないのでどうでもいい。

Windows Universal Appが発表

Microsoftが複数のプラットフォーム向けのアプリを共通化するプロジェクトを発表 (GIGAZINE)

Microsoftは、2014年4月2日に開催されたデベロッパー向けカンファレンス「Build 2014」で、PC・タブレット・スマートフォンなどMicrosoftが提供する全てのプラットフォーム向けのアプリを1つにまとめるプロジェクト「Universal Windows Apps」を発表しました

Microsoft introduces Universal Windows apps | WMPoweruser
http://wmpoweruser.com/microsoft-introduces-universal-windows-apps/

Microsoft talks about bringing universal Windows apps to Xbox One – Neowin
http://www.neowin.net/news/microsoft-talks-about-bringing-universal-windows-apps-to-xbox-one

Universal Windows Appsが実現すれば、デベロッパーはPC・タブレット・スマートフォンなどのプラットフォームに最適化可能なアプリの開発を可能。開発言語はC#・JavaScript・HTML5に対応していて、Windows Runtime上で動作しつつ、同じフレームワークを利用できるとのこと。また、デベロッパーはSpecifiedコード・Sharedコードの所有が可能で、開発したアプリをWindows 8.1やWindows Phone 8.1エミュレータで簡単にテストできます。

ユーザーはUniversal Windows Apps対応のアプリを異なるプラットフォームの端末でアプリを統合でき、例えば、Windows Store上でUniversal Windows Apps対応のアプリをタブレットにインストールすると、そのアプリをPCやスマートフォンでも利用できるというわけです。

Microsoftはデベロッパーに複数のプラットフォームで動作するソフトウェアの開発をサポートするため、「Visual Studios 2013」のアップデートを提供する予定。また、Universal Windows Appsに含まれるプラットフォームに同社の家庭用ゲーム機「Xbox One」が追加される可能性があることも明らかになっています。

アプリの開発が以前より容易になったことで、多くのデベロッパーやユーザーにメリットをもたらすことになり、Universal Windows AppsがMicrosoftにとって大きな一歩となることは間違いなさそうです。

Windows無償化と同じく、Windows Phone 8が発売されていない日本ではあまりメリットがない気がします…。そもそも私はスマホ用アプリをPCでも使いたいとは思わない…。現在のストアアプリはスマホの延長線上のアプリばっかりだったから余計にそう感じるのかなぁ。

興味のある人は以下を参照あれ。

.NET Foundationが設立、次世代C#/VBコンパイラーがオープンソース化

プログラミング言語関連のネタを2連発。興味のない人、よく分からない人はスルー推奨。

マイクロソフト、「Roslyn」のオープンソース化を発表 (@IT)

“Compiler as a Service”を実現するとされる、次世代C#/VBコンパイラー(コードネーム:Roslyn)がOSSに。独立組織「.NET Foundation」の下で公開される。

米マイクロソフトはサンフランシスコで開催している開発者会議「BUILD」で2014年4月3日、.NETのためのオープンソース技術開発とコラボレーションの促進を目指す独立組織「.NET Foundation」の創設を発表した。その一環として、次世代C#/VBコンパイラーとして開発を進めてきた「.NET Compiler Platform」(Roslyn)をオープンソースとして公開した。

(後略)

これをきっかけにもっと.NETやC#が普及するといいですね。.NET、C#、頑張れ、超頑張れ。

.NET Foundationの公式サイトはこちら。

TypeScriptが正式版に

Microsoft、プログラミング言語“TypeScript”を正式リリース(窓の杜)

米Microsoft Corporationは2日(現地時間)、「TypeScript 1.0」のリリースを発表した。本バージョンが正式版となる。

“TypeScript”は、“JavaScript”へ静的型付け、クラス、モジュールといった機能を追加し、多くのコンポーネントから成る大規模アプリケーションの開発に耐えうるものへ拡張したオープンソースのプログラミング言語。“CoffeeScript”などと同様、“JavaScript”へ変換(コンパイル)して利用する仕組みとなっている。

「Visual Studio 2013」の場合、同日公開された「Visual Studio 2013 Update 2」RC版で「TypeScript 1.0」がビルトインでサポートされており、追加のプラグインなしで“TypeScript”アプリケーションの開発が可能。

「Visual Studio 2012」の場合は、拡張機能「TypeScript Tools for Visual Studio 2012」をインストールすることで、“TypeScript”のシンタックスハイライトや入力補完、コンパイルといった機能が利用できるようになる。

そのほかにも、“Node.js”パッケージによるコンパイラーの配布も行われている。また、ソースコードは“CodePlex”のプロジェクトサイトから入手可能。

TypeScriptは、C#の生みの親、アンダース・ヘルスバーグ氏が開発したプログラミング言語です。JavaScriptの構文を拡張しています。以前から興味がありました。いつか試してみたいです。でも、その前にC#をマスターしてから…

XP、6月末で600万台が稼動

最後はXPネタを3連発(ネタ含む)

Windows XPからの移行は予測よりも早く進むも6月末で600万台弱が稼働 (PC Watch)

IDC Japan株式会社は、Windows XP搭載PCの稼働台数と、将来予測を発表した。稼働台数は出荷と廃棄の台数より算出した現場で利用可能なPCの台数。Windows XPの稼働台数に関する調査は、2013年10月に続く結果発表となる。

法人向けでは、2013年12月末時点で、法人向け全PCの17.1%にあたる617万台が稼働。2013年10月時点では同20.2%の724万台と予測していたが、日本マイクロソフトや各ベンダーなどの買い替えキャンペーンが功を奏した結果、予測よりも早く買い替えが進んでいる。また、2014年に入ってからも買い替えは順調で、6月末には同6.6%となる241万台にまで減少すると予測した

個人向けでは、2013年12月末時点で家庭市場の全PCの14.8%にあたる610万台が稼働。6月末には同8.7%の351万台に減少すると予測している

(後略)

国内クライアントPC法人市場におけるOS稼働台数の予測(出典:IDC Japan)国内クライアントPC法人市場におけるOS稼働台数の予測(出典:IDC Japan)

ほとんどは入れ替わっているけれど、あと数台XPが残るという会社が多そうな気がします。

英国政府、オランダ政府がXP有料サポートを契約

Windows XPを使い続けられるようオランダと英国が「延命」契約。その支払い額は? (WIRED.jp)

「Windows XP」は、4月9日にそのサポート終了を迎えるとされている。しかし、オランダ政府と英国の政府はマイクロソフトと契約を取り交わし、少なくとも両政府に対しては、カスタムサポートのプログラムによってWindows XPの延命が行われることになった

「ComputerWeekly」は4月2日(米国時間)、英国政府は「Windows XP」、「Office 2003」および「Exchange 2003」の英国公共機関へのサポートを継続する費用として、マイクロソフトに554万8,000ポンド(約9億5,000万円)を支払うことに同意したと報じた

4日にはオランダ政府も、まだWindows XPが走る3万台を超えるコンピューターに関して、XPのカスタムサポートを受ける巨額な契約をマイクロソフトと結んだ

(後略)

XPの有料サポートというものがあるんですね。大口顧客のみなんでしょうか? お金を払ってでもXPを使い続けたいという需要は根強いですから、個人向けもやったらいいと思います。マイクロソフトにとってもいい商売になりそうですし。

XPより7は「窓」が多い

最後は半分ネタ。私の苗字は「窓辺」なので紹介しないわけがないでしょう。日経なので転載、リンクなしで。

知っている人は、見出しの意味が分かると思う。イラストの「窓」に吹いたw 私はC#が「窓」と思っていたけど、Windowsが「窓」の集合だったとは知らなかった。「窓辺」を名乗る身として、C#だけじゃなく、Windowsもマスターしないと(違