初音メトロ

VOCALOID、IT、地下鉄/メトロなどに関する情報を収集しているサイト!

RSS フィード コメントの RSS フィード

新しいPCを買いました! その2

前の記事からの続きです。

最終的に注文したPCのスペック

サイコムで、以下の仕様のPCを購入しました。
(注文確認メールから一部改変し、転載)

  • CPU : Intel Core i7-3770 [3.40GHz/4Core/HT/HD4000/TDP77W] IvyBridge 搭載モデル
  • CPUファン : Scythe KATANA4 [SCKTN-4000] [空冷/CPUファン]
  • マザーボード : ASUS P8Z77-V DELUXE [Intel Z77chipset]
  • メモリー : 16GB DDR3 SDRAM PC-12800 [8GB*2枚/メジャーチップ・6層基盤]
  • SSD : TOSHIBA CSSD-S6T256NHG5Q [256GB SSD]
  • HDD : TOSHIBA DT01ACA200 [2TB 7200rpm 64MB]
  • 光学ドライブ : 【黒】Blu-ray; Pioneer BDR-208BK+ソフト
  • VGA : GeForce GTX660 2GB 【ELSA製 S.A.Cファン】 [DVI*2/HDMI/DisplayPort]
  • サウンドカード : Creative Sound Blaster X-Fi Xtreme Audio
  • LAN : Gigabit LAN [1000BASE T] オンボード×2
  • ケース : 【黒】Antec NINEHUNDRED TWO-V3
  • 電源 : SilverStone SST-ST75F-P [750W/80PLUS Silver]
  • OS : Microsoft(R) Windows7 Professional SP1(64bit)DSP版
  • 延長保証 : プラス2年(保証合計3年)

各パーツの詳細

CPU

CPUは、もうすぐHaswell(第4世代Coreプロセッサー)が出る予定(注文時は未発売、PCが届いた日に正式発表でした!)で、迷いましたが、以下の理由でIvy Bridgeにしました。

  • Haswellで強化されている機能は、ノートPCで役立つ機能や、GPU関連が中心なので、独立GPU搭載デスクトップPCでは、Haswellにするメリットがないと判断した
  • Haswellではプラットフォームが変わる (LGA 1150) ので、2年間使われたSandy Bride/Ivy Bridgeのプラットフォーム (LGA 1155) のほうが安定してそう
    • 特に、チップセットのUSB 3.0問題が解決されていないという情報があり、心配
  • なるべく早くPCを買いたかった(それなら3月に注文すべきでした…)
  • ロゴがIvy Bridgeのほうが私的に好み(笑)

オーバークロックをする予定はないから、Core i7の無印※にしました。
これからPCを買う人はほぼHaswellしか選択肢がないと思います。
人柱になりたくなかったら、しばらく様子見か、在庫処分の旧モデルを買うっていうのも手です。

※倍率が固定されている。
プロセッサー・ナンバーの末尾にKがついてるCPUは自由に倍率を変更でき、オーバークロックができる。
多分この説明じゃ分かる人にしか分からんだろうね…。
よい子は決して「オーバークロック」などで調べるにゃよ! 絶対ににゃ!

CPUクーラー

CPUクーラーは、Ivy Bridgeの発売直後にダブルグリスバーガー騒動があって、心配だったので、つけました。
CPUグリスも同様の理由で気休め程度にしかならないかもしれないけど、つけました。
ちなみにHaswellもダブルグリスバーガーだそうです。これは、コストダウンの一環だと思ういます。
こんなところにも世界総デフレ化の影響がでてます…。私は製品・サービスの価格だけで争うようになるのは健全ではないと思います…。
参考:Haswellの“殻割り”にショップが挑戦 (AKIBA PC Hotline!)

マザーボード

マザーボードは、最初はASUS P8Z77-V(無線LAN搭載)にする予定だったけど、ASUS P8Z77-V DELUXEが200名限定大特価でASUS P8Z77-V PROよりも安かったから、P8Z77-V DELUXEにしました。
P8Z77-V DELUXEは、無線LAN、Bluetooth、そしてなんとLANが2つも搭載されてます
Bluetoothはワイヤレスマウスやキーボードで使うかも知れないけど、LANを2つを使うことはないです…。
例えば、一方のLANでネットに繋いで、もう一方のLANで他のPCと直結させるとか?

SSD

SSDは、最初はPLEXTORにしようと思っていたけど、東芝製SSDのSATA3対応版が出たので、今年4月に出たばかりの東芝製SSDにしました。
SSDは前から憧れであったけど、高くて手が出なかったです。
「どのメーカーSSDがいい?」ってPCに詳しい知り合いに聞いて、信頼性を求めるなら東芝かIntelの二択と言われた(これは人によって異論があると思うし、時期によっても優劣が異なります)。

グラフィックカード

グラフィックカードは、ゲームをするならGeForce一択(GeForceに最適化されているゲームが多いらしい)だと前述の知り合いに言われ、GeForceにしました(これも人によって異論があります)。
性能、価格、消費電力、発熱量、静音性のバランスを考えて、GTX660にしました。

サウンドカード

サウンドカードは、なんとなくサウンドカードを使ってみたかったので、つけてみました。
近いうちに外付けオーディオインターフェイスを買う予定なので、安いのにしました。

ケース

ケースは、青色に光るのがいいにゃ! ってことで、選択肢にいくつかあった青色LEDで光るケースの中から、最も青色に光る範囲が大きかったAntec NINEHUNDRED TWO-V3にしました。
外観は以下の通りです(Antecのサイトから転載)。

Antec NINEHUNDRED TWO-V3

まとめ

この構成で、本体のみで194,440円です。
それに加えて、もしものため、延長保証を適用しました。
標準の保証1年と延長保証2年で合計3年です。
保証と送料を含めて205,660円です。

また長くなったので、次の記事では、使用しているディスプレイ、マウス、キーボード、スピーカーについてと、1ヶ月間使用した感想とベンチマークについて書く予定です。→書きました。

注意

  • この記事は2013年7月現在の情報を基に書いています。
    もしかしたら情報が古くなっていてあてにならないかもしれません。
  • 私はPCのハードウェアにはあまり詳しくない(IntelのCPUのロードマップを追う程度の知識)し、PCを自作したことがないです(これからせめて掃除・増設などはできるようになっていきたいです)。
    また、必要となるPCの性能や機能は人によって異なります。
    この記事はあくまでも私の場合です。
    PCの購入の仕方やPCのハードウェアについて私に聞かれても答えられない可能性が高いです。
  • PCのハードウェアについてわからないことがあれば、以下のサイトを参照することをお勧めします(私も参考にしました)。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


BACK TO TOP