XPを使い続ける本を買ってみた

メインPCが起動不能になっていてしばらく更新できませんでした。「ようこそ」画面表示中にブルースクリーンになって起動できませんでした。データは無事です。念のためバックアップもをとりました。

エイプリルフール翌日に起動不能になるなんてシャレになりませんなw エイプリルフール記事が最新記事としてずっと表示されていたとは…。執筆もプログラミングも数日できなかったので、感覚を取り戻すのに時間がかかりました…。

少なくとも私の環境ではWindows 7はXPと比べて安定性が低いです。今度いつブルースクリーンになるか怯えています。本当ならずっとXPを使いづづけたいです。

しかし、XPのサポート終了まであと数日です。さて、以前購入したXPを使い続ける本を読んでみました。

Windows XPを安全・快適に使い続けるための本

この本は少し前にTwitterで話題になりました。

サポート終了後も「XP」を使い続けられる! 「安全・快適」うたう「指南書」めぐり賛否両論 : J-CASTニュース

私もネタ半分、実用半分で買ってみました。

目次をAmazonの紹介文から引用。

  • Windows XPをそのまま使っているとなぜ危ない? を完全理解 !
  • 今すぐ対策すべき3つの柱……1 セキュリティソフト編
  • 今すぐ対策すべき3つの柱……2 ブラウザ編
  • 今すぐ対策すべき3つの柱……3 メールソフト編
  • XPをもっと便利に使い続けよう! 厳選 Windows XPリフレッシュ術

Windows XPをそのまま使っているとなぜ危ない? を完全理解 !

前半部はXPがサポート終了したら危険かということが書かれています。

  • Windows Updateの廃止
  • セキュリティソフトの対応も終了
  • 周辺機器やソフトも使えなくなる?
  • Office 2003もサポート終了

ちょっと脅し口調です。これを読んで新しいパソコンを買う人も出てくるかもしれません。そういう人にはこの本が無駄になりますね。

逆に古い周辺機器やソフトはVista以降にしか対応していないものもあります。それがXPを使い続ける理由のひとつとなっています。

Office 2003で作ったファイルをOffice 2007以降で開くと崩れることがあります。私もOffice 2003を使い続けています。

後半部はサポート終了直前にやっておくべきことを紹介しています。

  • SP3を適用しろ
  • Windows Updateをしろ
  • ソフトやドライバーも更新しろ
  • バックアップをとれ
  • ブータブルディスクを作成しておこう

下の二つはXPじゃなくてもやっておくべきことです。私も7でブルースクリーンが表示されて痛感しました。この本ではEaseUS Todo Back Upというソフトを紹介しています。私はFastCopyがおススメ。

使い方は以下を参照。

上の2つもやっておくべきですが、SP2以下でしか動かないソフトがある場合などは不可能です。知識の無い人はドライバーの更新(特にグラフィック)はむやみにやらない方がいいかもしれません。

今すぐ対策すべき3つの柱……1 セキュリティソフト編

  • ノートンを入れろ
  • ルーターの設定を変更しろ
  • 仮想化ソフトを使え
  • システムの復元を設定しろ

何でノートンなのか理解できない。無料のソフトや安価なソフトも多数あります。今使っているセキュリティソフトがサポートを表明していたら、そのまま使えばいいと思います。

ルーターを使っていない人は今すぐ導入すべきです。4000円台から買えます。

仮想化ソフトとは、電源を切ると時間が巻き戻るソフトです。ほむらちゃんみたいですね。間違ってデータをパソコンに保存してしまうと消えてしまうので、初心者には使いどころが難しいソフトです。

システムの復元は使ったことがないので分かりません。

今すぐ対策すべき3つの柱……2 ブラウザ編

  • IE8にバージョンアップしろ
  • Chromeに乗り換えろ
  • Flash Player、Shockwave Player、Java、Adobe Readerは最新にしろ

IE6は軽くて安定しているブラウザーなんですけどね。IE6でしか使えないサービスやシステムを使っている場合はIE8にアップデートできないでしょう。Chromeもインストールが面倒だし、会社のパソコンには勝手に入れられないし。私も自サイトの動作確認に必要、インストールが面倒と言う理由でIE6を使い続けています。表示が崩れる、非対応のサイトが増えているという面には目をつぶっています。

プラグインの更新はXPじゃなくても必須。不要なら削除するのも手です。設定も変えておくべきです。

今すぐ対策すべき3つの柱……3 メールソフト編

  • Windows Live メールに移行しよう
  • Gmail
  • どうしてもOutlook Expressを使い続けたい人のための救済策

Outlook Expressを使い続けている人向けの解説しかありません。他のメールソフトに関しても書いておくべきでした。Windows Live メール以外には、Thunderbird(無料)やBecky!(シェアウェア)などもあります。

XPをもっと便利に使い続けよう! 厳選 Windows XPリフレッシュ術

よく言われていることですね。特記することもありません。ただ、TuneXPで起動高速化は失敗したら最悪の場合Windowsが起動しなくなる可能性があるので初心者にはお勧めしません。

まとめ

下の本に比べると初心者向けだと思いました。手のひらを返すと、なぜ有料ソフトを紹介しするのか分かりませんし、SP2以下やIE6にしか対応しないソフトやシステムを使っている人には無意味です。

XPをとことん使う大技小技隠し技!

書店では上の本がなかったので、仕方なしにこの本を買いました。

公式サイトから引用。

いつかは壊れるXデーも
鉄壁バックアップで安心!!
性能の低下はハード増強でカバーする!

【こんな人にオススメ!!】

  • まだ使えるパソコンを捨てたくない!
  • XPでしか動かない周辺機器がある!
  • XPでしか動かないソフトがある!
  • やっぱり草原の壁紙が好きだ!

最後に吹いたw

以下は上の本にも取り上げられていることです。

  • XPのサポートが切れるとどうなるか?
  • バックアップ
  • Windows Updateで最新の状態にアップデートする
  • セキュリティ対策ソフトをインストール
  • 不要なソフトをアンインストール
  • スタートアップを減らす
  • 不要な視覚効果の停止
  • ディスククリーナーで不要ファイルを削除する
  • 仮想メモリーのサイズ調整、無効
  • IE以外のブラウザーに乗り換える
  • Gmail
  • システムの復元

以下はこの本では取り上げられていました。

  • パーソナルファイヤーウォール
  • BIOSアップデート
  • 不要なサービスの停止
  • メモリーの増設
  • SSDに換装
  • HDDの増設
  • 仮想環境で使い続ける
  • 新しいWindowsやLinuxに乗り換える

上の本と比べると上級者向けですね。BIOSアップデートやハードウェア関連は初心者には敷居が高いです。また、古いパソコンはメモリーの最大搭載可能容量が少ないですし、ノートパソコンではSSDへの換装やHDDの増設が困難です。

今あるパソコンを新しい乗り換える場合はWindows 7がおススメ。ただし、古いパソコンでは7が必要とするスペックがに届かないことがあります。7搭載の新しいPCを買ったほうが早いです。

7ではXPモードが使えます。XPモードもサポート期限は9日までなので注意して下さい。

どうしてもXPを使わざるを得ない場合以外はアップグレードを(まとめ)

2冊の本では、「Windows XPを安全・快適に使い続けるための本」は初心者向け、「XPをとことん使う大技小技隠し技!」は上級者向けだと思いました。とはいえ、前者でも初心者には難しい項目があります。私的にも、知っていることが多い、IE6からアップデートできない、と言う理由であまり役に立ちませんでした。

サポートが終了したOSを使うのは自己責任です。パソコン初心者はこの本を買うよりさっさと新しいパソコンを買ったほうがよいです。8はXPと操作方法ががらっと変わっていて使いづらいので、7パソコンがおススメです。

XPを使わざるを得ない場合もなるべくネットに接続しない、ネットに接続せざるを得ない場合も、特定のサイトにしかアクセスしないセキュリティ対策は万全にするようにすべきです。

またXPを使い続ける本を見つけました。増税前に気づいていればなぁ…。確実にXPサポート終了までには間に合わないませんが、買ったらレビューします。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする