初音メトロ

現在更新一時休止中。

RSS フィード コメントの RSS フィード

嘘つきコリアンの慰安婦プロパガンダ

最近はWindows記事ばかり続きましたが、1ヵ月ぶりの政治記事です。

フランスのアングレーム国際漫画祭が閉幕しました。日本側の主張を描いた作品が撤去され、韓国側の慰安婦プロパガンダ漫画は展示が許可されました。

「慰安婦漫画」韓国OK、日本ダメ 仏国際展 主催者「政治的な宣伝」+(1/2ページ) – MSN産経ニュース

【アングレーム(フランス南西部)=内藤泰朗】欧州最大級の漫画フェスティバル、フランスのアングレーム国際漫画祭が30日、開幕した。漫画祭には、慰安婦問題をめぐる日本と韓国の作品が出展されたが、主催者側は、「強制連行はなかった」とする日本側の漫画を「政治的」として撤去するよう要請した。韓国政府が持ち込んだ「元慰安婦被害者」の作品は展示を許可した。「韓国側主張の誤りを正し、真実を伝えたい」と、漫画作成に意気込んできた日本側関係者は納得せず、波紋が広がっている。

 30日、韓国政府の趙允旋(チョ・ユンソン)・女性家族相はアングレームを訪問し、「散ることのない花」と題した元慰安婦についての漫画企画展の開幕を宣言した。しかし、事前に地元記者らを対象に予定されていた説明会は主催者側の要請で中止された。

 日本発慰安婦漫画の出展準備を進めていた実業家の藤井実彦氏(41)ら「論破プロジェクト実行委員会」のメンバーらは29日、アングレーム中心部にある「アジア館」の日本ブース前で行っていた記者会見の中止を主催者から求められた。

 主催者は、日本側の漫画について「政治的な宣伝だ」と発言、日本側の関係者と論争になったという。

 藤井氏は「日本人が得意とする漫画で慰安婦の真実を伝えようとしたことが、表現の自由を標榜(ひょうぼう)するフランスの漫画祭で理解されず残念だ。韓国政府が主導している反日の出展こそが政治的な宣伝であり、抗議していきたい」と語った。

 鈴木庸一・駐フランス大使は開幕前にパリで行われた会見で、「漫画祭は文化イベントで、特定の政治メッセージを伝えることは好ましくない」と発言。日本が韓国に第二次大戦の問題で謝罪をしていないという認識は誤りだと指摘し、補償問題についても、1965年に韓国と締結した請求権・経済協力協定などで完全、かつ最終的に解決したとの日本側の立場を改めて説明した。

 会場では、「漫画祭を政治に利用しないでほしい」「漫画は楽しむもので議論するためのものではない」との声も聞かれた。

主催者側は買収されたんでしょうね…。政治的内容を認めないというのなら、韓国側の作品も撤去しないといけません。日本側の作品のみ撤去するのは不平等です。

日本人女性がフランス語で「韓国の作品にだまされないで下さい」と発信しています

慰安婦の正体

慰安婦を知らない人のためにおさらいしましょう。慰安婦の正体は戦地売春婦です。

主催者側と韓国側に絞って抗議すべき

【慰安婦漫画】韓国展実施を後悔、仏主催者「すべて不満」+(1/2ページ) – MSN産経ニュース

 【アングレーム(フランス南西部)=内藤泰朗】フランス・アングレーム国際漫画祭実行委員のニコラ・フィネ氏(アジア担当)は2日までに産経新聞のインタビューに応じ、韓国政府の展示が引き起こした「すべての出来事」に対して不満を抱いていることを明らかにした。フィネ氏との一問一答は次の通り。

 --韓国の作品の政治メッセージに問題はないのか

 「答える立場にない。彼らが何をしたいのかまでは知らない。芸術家は自分の意見を表現する権利がある」

 --韓国の展示に満足か

 「(批判など)展示がもたらしたすべての出来事に不満がある。もっと違った形でやることができた。しかし、もう起きてしまったことだ。主催者は(この結果に)だれも満足していない」

 --日本側の作品を拒否した理由は

 「彼らは、政治活動を禁ずるこの私有施設で許可を得ず記者会見をやった。主催者側の意向を無視して文化を語る場で政治活動を始め、その政治宣伝の内容が歴史的事実の否定を禁止するフランスの法律に抵触していると忠告したのにやめなかった。彼らはルールと法を破った」

 --歴史的事実の否定とは

 「彼らは、日本政府も認めている慰安婦の存在すら認めていない。こうした極右思想・団体とは戦う」

 --誤解があったのでは

 「いや、彼らはルールと法を破った。日本の漫画愛好家はいつでも歓迎だが、ルールに従えないのなら来ないでほしい」

騒ぎになったことに対して不満なんでしょうね。フランス側を批判するとき、主催者側、特にこのニコラ・フィネという人に絞って批判したほうがいいと思います。フランス自体やフランス人全体を批判するのは筋違いだと思います。むしろ親日フランス人は味方につけるべきです。当然ながら慰安婦プロパガンダをしている韓国側も批判すべきです。

↓サムスンのスマホを振りかざしていますねw

フランスに対する疑問

ところでいくつか疑問があります。フランスに詳しい方教えて下さい。

  1. 韓国ってフランスが好きですね。引き合いに出して日本を批判しますし、慰安婦アピールも以前からフランスでやっていましたし。韓国にとってフランスには何か意味があるのか知りたいです。韓仏関係ってどうなんでしょう?
  2. フランス政府の慰安婦に対する公式見解はどうなのでしょうか? フランス政府が慰安婦問題に関わったら自爆する可能性はないのでしょうか? ノルマンディーで米軍に多数のフランス人女性がレイプされた戦争性犯罪の被害国です。一方、アメリカはこのような過去や、朝鮮戦争やベトナム戦争で戦地売春婦を使っていたので、戦地売春婦問題に関わるとそれらがバレるので、戦地売春婦問題にはかかわりたくないと思っています。
  3. 慰安婦問題によって日仏関係が悪化したら、日本に悪影響はあるのでしょうか? 私は日米関係ほど影響はないと思っています。同じ欧州のイギリスやドイツと比べても日本とは疎遠な気がします。

背後にはチャイナがいる

私は戦地売春婦問題で騒ぐ韓国の背後には前からチャイナがいると推測していますが、テキサス親父も指摘しています。

笑 韓 ブログ : 【テキサス親父】 「慰安婦少女像の背後に中国がいる」~慰安婦嘲弄米国人、韓人メディアのインタビューで卑劣な言葉

米国で極右親日言動で物議をかもしたトニー・マラーノ(65)氏がカリフォルニア州グレンデール公
園に慰安婦少女像が立てられた背後に中国があると妄言を続けた。テキサス州ダラス近郊のマ
スケットに暮らす彼は最近、現地韓人メディアの’ダラス・コリアン・ラジオ’との映像インタビューで
今回の少女像問題の背後には中国が介入していると思う」として「中国は韓国、米国、日本三カ
国が分裂することを望んでいるからだ」と言ったと週刊誌’ダラス・コリアン・ジャーナル’最新号が報
道した。

彼はホワイトハウス請願サイトで少女像撤去署名運動を始めたのは自分だと明らかにした上で
「少女像は純粋に日本を狙った目的で作られた。公園設立の目的上、韓国戦争参戦米軍勇士だ
けのための記念碑を建設すべきだ」と主張した。

少女像の顔に袋をかぶせて’愚か者’と馬鹿にしたことについては「米軍兵士が1944年、慰安婦を
逮捕した時の話をそのまま真似したもの。」とし、「とてもぶさいくだったので日本軍人が紙封筒を
かぶせて(関係)しなければならなかったのではないかという意味でいたずらをした」と卑劣な言葉
を述べた。

彼は日本軍の慰安婦強制動員など韓国人強制徴集を否認し、ごり押しの詭弁をならべた。彼は
「韓国少女らが慰安婦に強制動員されたのなら、なぜ朴正煕(パク・チョンヒ)元大統領はそのよう
な日本軍に将校として参加したのか、なぜ韓国国民はそのような人を大統領に選出し、また、そ
のような人の娘を大統領に選んだのか疑わしい」と屁理屈の論理を展開した。

日本の過去の歴史謝罪論議に関連しては「韓国マスコミの報道や私に脅迫手紙を送る人々はみ
んな一様に真実の謝罪という表現を使う。それなら前任の日本総理らがした謝罪は何か。その程
度したら謝ったということだ」とトーンを高めた。

放送会社関係者はマラーノが「国内外の韓国人から深刻な殺害脅迫を受けている」として取材要
請に応じず、今月22日、日本人たちを同行してインタビュー場所にきたと31日、聯合ニュースに
明らかにした。マラーノが韓人メディアとインタビューしたのは今回が初めてだ。彼はフェイスブック
などソーシャルメディアを親日極右派の主張を宣伝する手段として活用してきた。

韓国はあくまでも騒いでいるだけです。在米韓国人や韓国系米国人はチャイナを利していることを知らないんでしょう。「米国(の一部)が戦地売春婦問題で批判している」という報道も謀略の一種です。日米が分断して得するのは何処の国でしょうね?

また、来年のアングレーム祭でのテーマは「チャイナ」です。多額のチャイナマネーが入っているんでしょうね。

41e Festival de la Bande Dessinée d’Angoulême – 30 janvier au 2 février 2014 – Angoulême 2015 sera à l’heure chinoise

プロパガンダの手口

チャイナは戦争に弱いからこそ、諜報活動や謀略宣伝に力を入れるのです。これはシナ文化圏の韓国も同じです。中韓は相手の非を第三者に訴えます。第三者の共感を得られた方が勝者になるのです。

ちょうど倉山満さんの「反日プロパガンダの近現代史」が出版されたばかりですが、残念ながら私は読んでいません。

そこで、同氏の過去の著作「嘘だらけの日中近現代史」(p153) からチャイナのプロパガンダの手口を引用します。韓国とプロパガンダも同様の傾向があります。

第一にステレオタイプの情報を豊富に迅速に散布しました。この速さはすさまじいものがあります。

第二に情報の単純化と反復を行います。特にわかりやすいのスローガンで日本人の非人道性を強調しました。

第三に事実の誇張と捏造により自国を有利にしようとしました。

第四に宣伝事項の象徴化と権威付与による効果増大を行いました。やたらと記念日を設定したり、歌を作ってみたりです。

まさに今回プロパガンダの手口に当てはまっています。

上記の杉田水脈さんの通り、「話せばわかる」ではダメなんです。「嘘も100回言えば本当になる」と考えている連中に勝たないといけません。

民間では悪質なプロパガンダに対する反論が行われています。日本政府も正しい情報を発信していかなければなりません。相手は政府ぐるみでやっています。安倍政権になってから対外広報に予算が付けられましたが、まだまだ足りません。さらに強化していく必要があります。

また、反日情報を流しているマスコミも問題です。多くの国民が信じてしまいますし、世界中の人々も真実だと思い込んでしまいます。

私達もプロパガンダに騙されないよう、また自分で正しい情報を発信できるようにプロパガンダの手口を学ばなければいけません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


BACK TO TOP