初音メトロ

VOCALOID、IT、地下鉄/メトロなどに関する情報を収集しているサイト!

RSS フィード コメントの RSS フィード

朝日の葬式は私たちが出す #河野談合

相変わらず謝罪も海外発信もしない朝日。

最近の朝日新聞関連の報道を手短に紹介します。

とある朝日の捏造報道(ファブリケーション)

朝日新聞社長が謝罪拒否

朝日社長、慰安婦の虚偽報道めぐり謝罪を拒否「謝るようなものではない」 – ライブドアニュース

10日放送の「たかじんのそこまで言って委員会」(読売テレビ)で政治評論家の加藤清隆氏が、朝日新聞の木村伊量社長と、従軍慰安婦報道が誤っていたと朝日新聞が認めたことについて、会話した事を明かした。
朝日新聞は5、6両日にかけ、これまでの慰安婦報道を検証する記事を掲載。朝鮮人女性を強制連行したという吉田清治氏の証言は虚偽だったとして、記事を取り消した。
加藤氏は朝日新聞の検証記事が掲載された5日、木村氏と会う機会があったため、これらの記事に対する同社の姿勢について質問したという。
加藤氏は「(朝日新聞が)ここまで吉田清治という人間の取材が間違ってたと、16本に及ぶ記事を全部取り消しますという。そこまで言うならば、はっきり一面で謝罪した方が良いよと、それが朝日新聞のためですよと言ったけども」と、その会話内容を語った。
しかし、木村氏は「歴史的事実を変えることはできない。従って謝るようなものではない」と述べ、謝罪を拒否したという。
加藤氏は、新聞社がこれほど多くの記事を取り消すとなった場合、けじめとして「謝罪文の掲載」と「社内の処分(32年前で関係者がいないなら現在の社長、取締役、編集担当、編集局長など)」が行われるべきだと主張。今回の一件で謝罪がなかったことにより、逆に問題を拡散させたのではないかと懸念した。

じゃあ、捏造報道をすれば、何でも歴史的事実になるってことですよね?

読売が海外向けに発信

一方、読売は海外向けに発信していました。長いので引用しません。

台湾メディアも報道しています。

英語か台湾語ができる方、外国人の知り合いがいる方は拡散お願いします!

やっぱり親の身売りだった

やっぱり日本軍に強制連行されたというのは嘘だったんですね…。

【朝鮮半島ウオッチ】朝日新聞「慰安婦報道」が触れなかったこと+(1/4ページ) – MSN産経ニュース

「私は朝鮮人に対してドレイ狩りをした」とのざんげが、後にすべて虚言と判明した“世紀のウソ”、「吉田清治証言」を、朝日新聞が初報から32年目で「虚偽と判断、記事を取り消す」とした。だが、朝日が最も検証すべきは、1991年夏の「初めて慰安婦名乗り出る」と報じた植村隆・元記者の大誤報だ。記事は挺身隊と慰安婦を混同、慰安婦の強制連行を印象付けた。しかも義父にキーセン(芸妓)として売られていたことを書かずに事実をゆがめたからだ。しかし今回、同紙は誤報を認めなかった。2日に渡った特集は、触れたくない部分には触れず、「女性の尊厳」という人道主義に逃げ込んだ。

(略)

しかし、植村氏が書いた女性、金学順さんは挺身隊とだまされたのではなく、親に身売りされていたのだ。朝日の記事の3日後に韓国メディアなどへの記者会見で金さんは、「14歳で母親に平壌のキーセン検番(学校)に売られ、3年後に義父に日本軍の部隊に連れて行かれた。私は40円で売られた」と述べ、韓国紙や日本の月刊誌に掲載されている。挺身隊は総動員体制の用語の勤労動員のことで、慰安婦とは全く関係がない。しかし当時、韓国では混同があったのも事実だった。

朝日は自分たちの責任に言及せよ

戦没者追悼式 首相式辞、今年も「加害」に言及せず

69回目の終戦記念日となる15日、政府主催の全国戦没者追悼式が日本武道館(東京都千代田区)で開かれた。安倍晋三首相は約310万人の戦没者を悼み、「今日は平和への誓いを新たにする日」と述べた。一方、昨年に続きアジア諸国への加害責任には言及がなかった

式典は正午前に始まった。全国の遺族約4600人のほか、天皇、皇后両陛下が参列した。

安倍首相は式辞で、「貴い犠牲の上に平和と繁栄がある。そのことを片時たりとも忘れない」「ふるさとへの帰還を果たされていないご遺骨のことも決して忘れない」などと述べ、戦没者に哀悼の意を表した。

そのうえで「歴史に謙虚に向き合い、世界の恒久平和に能(あた)うる限り貢献し、万人が心豊かに暮らせる世の中の実現に全力を尽くす」と決意を述べた。

安倍首相は昨年の追悼式で、歴代首相が繰り返してきた式辞内容の一部を変えた。1993年に細川護熙首相が「哀悼の意」を表明し、次の村山富市首相が「深い反省」を加えて引き継がれてきたアジア諸国に対する加害責任への言及をしなかった。「不戦の誓い」という表現も使わなかった。今年の式辞もそれは変わらなかった。

一方で「歳月がいかに流れても、私たちには変えてはならない道がある」などの言葉で、平和への誓いを語った。

そう言っている朝日新聞さんは捏造報道をして日本の国益を傷つけた加害責任には言及しないんでしょうね?

朝日潰しが始まっている(まとめ)

最近、各所で朝日潰しの動きが始まっています。

櫻井よしこ氏も「朝日を廃刊に追い込め」と言及したそうです。櫻井氏とは意見が合わない部分も多いですが、もし本気なら協力したいです。

また、河野洋平や朝日新聞だけではなくこの人たちも責任を取らなければなりませんね~。

【朝日の大罪】朝日新聞と“共闘”した福島氏らにも説明を求める 次世代の党・杉田水脈衆院議員

慰安婦問題で、朝日と“共闘”した人々にも、公の場での説明や訂正、謝罪を求めたい。
特に、元慰安婦の弁護人となって日本政府を相手取り損害賠償訴訟を起こした社民党の福島瑞穂前党首や、ソウルの駐韓日本大使館前で開かれた慰安婦デモに参加した民主党の岡崎トミ子元国家公安委員長などは、政治家として、きちんと自分の過去の行動の責任を取ってもらいたい。
そして、われわれが強く要求するのは河野氏の国会招致だ。自民党の石破茂幹事長も「朝日新聞関係者を国会招致して説明を求めたい」という意向だが、自民党幹事長なら、まずは河野氏を差し出すべきだろう。
日本が朝日新聞によって失った32年間は非常に重くかつ大きいが、私たちは必ず取り戻す。

次世代の党は憲法観や経済政策で疑問を持っていますが、杉田議員などによる慰安婦問題への取り組みは評価したいと思います。

69年前の敗戦で日本は「敗戦国」となりました。「敗戦国」から抜け出すには次の戦いに勝つことです。朝日新聞潰しはその第一歩です。

「朝日の葬式は私たちが出す!」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


BACK TO TOP