初音メトロ

現在更新一時休止中。

RSS フィード コメントの RSS フィード

マスコミ「国の借金が1011兆円!」

また財務省のプロパガンダを垂れ流して…。

マスコミには四半期ごとに「国の借金」をお知らせしなければならないという決まりでもあるのか?

「国の借金」9月末で1011兆円 過去最大を更新(MSN産経ニュース)
2013.11.8 14:41

 財務省は8日、国債と借入金、政府短期証券を合計した「国の借金」の残高が、9月末時点で1011兆円になったと発表した。初めて1000兆円の大台突破した6月末から2兆5000億円増えて、過去最高を更新した。

 10月1日時点の人口推計(1億2731万人)をもとに単純計算すると、国民1人当たり794万円の借金を背負っていることになる。

 借金の内訳は普通国債が6月末に比べ11兆4699億円増の727兆8241億円、一時的な資金調達で発行する政府短期証券は同6兆4000億円減の116兆9683億円。借入金は54兆6007億円。

 国の借金は国際通貨基金(IMF)の公表基準に沿って、財務省が四半期末団塊の状況を公表している。財務省では来年3月末に1107兆1000億円にまで増加すると見込んでいる。

正確には「国の借金」ではなくて、「政府の負債」です。
「国」っていうのは、政府だけではなくて、家計と企業なども含みます。
でも、この記事では政府のことしか触れていません。

国債保有者割合(2013年3月末現在)単位:億円 出典:日本銀行「資金循環統計

約92%が国内の債権者であり、海外の債権者の割合は約8%です。
特に国債の保有割合トップ3が銀行、保険・年金基金、中央銀行です。
銀行や保険会社などが、国民の預金や保険料を原資にして国債を買っています。
つまり、国民が間接的に政府に貸しているといえます。

日本国のバランスシート(2013年3月現在)単位:兆円 出典:日本銀行「資金循環統計

実際、日本国(政府+家計+企業+金融機関+その他)のバランスシートを見ると、一般政府(地方公共団体、社会保障基金も含む)は負債>資産ですが、家計は資産>負債です。
さらに、日本国の対外純資産は308.75兆円(012年末時点)で、世界最大です。
金持ちかどうかは資産だけでもなく、負債だけでもなく、純資産(資産-負債)の大小で決まります。
政府の負債だけで「国の借金」とかいうのはナンセンスです。
日本は、「世界最大の借金大国」などではなく、「世界最大の金持ち大国」です。

こんな記事ばっかり書いているなら、新聞だけ消費税20%でいいんじゃない?


追記(2013/11/10 13:20):

グラフを追加しました。グラフのデータが少し古いのは、日銀に公開されている確報の最新版が2013年第1四半期だったからです。
また、説明文を加筆・修正しました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


BACK TO TOP